Nov 28, 2007

[Bookmark] Today's bookmark

[Maven] Release Notes - Maven 2.0.8... Maven 2.0.8 がリリースされた!!
Posted in Bookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 24, 2007

[Bookmark] Today's bookmark

[Maven] Release Notes - Continuum - Version 1.1... Continuum 1.1 Final がリリースされた。アップデートしないと。
Posted in Bookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 21, 2007

[Misc] Eclipse 3.3.1.1 の "Ctrl contrib"

Eclipse 3.3 -> 3.3.1.1 にアップグレードしたら左下に "Ctrl contrib" という不思議なコンポーネントが現れた。 押しても無反応。引いても(?)無反応。 調べてみたら Eclipse SDK Examples というものだった。 Examples を表示しておく必要もないのでとりあえず消しておいた。

[Ctrl Contrib]

"Ctrl contrib" の消し方

  1. "Help" -> "Software Updates" -> "Manage Configuration" を実行。
  2. "Eclipse SDK Examples" を選択。
  3. "Disable" のリンクをクリック。

[Ctrl Contrib]

Posted in Misc | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

[Bookmark] Today's bookmark

[Mustang] Open Source Java 6 on Leopard... 悔しいが Leopard 環境がない・・・。
[Maven] Buildr:RubyがJavaより速く構築するとき... シンプルな Java のビルドツールを目指した Buildr。今度試してみよう。
[Maven] buildr... Ruby が要るのか・・・。うーん。
Posted in Bookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 20, 2007

[Linux] "yum remove openssl" の恐怖

会社の先輩が苦悶しているので何事かと思ったら。 "yum remove openssl" を実行したら 200 以上のパッケージと "yum 自身" が削除されたらしい。 確かに openssl は他パッケージからの依存がかなり多くてもおかしくはない。 とは言え、yum 自身までもが消えるとは。恐るべし。

ちなみに、"ls" まで使えなくなったらしいので shell にもダメージがある模様。 注意されたい。

・・・apt は大丈夫なのだろうか?? 怖くて試す気にはなれないが。

再現実験をしてみた(w

2008/01/25 追記

apt で試したという強者が(w。

☆★☆- ログ倉庫・・・っぽいもの、若しくは鯖メモ -☆★☆ さんの 「 便利さの裏側に潜む狂気」というエントリ。

厳しい警告が出る様だが、強行してしまうと yum 同様取り返しのつかないことになるそうだ。

Posted in Linux | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

[Bookmark] Today's bookmark

Eclipse Project Release Notes (Release 3.3.1.1)... Eclipse 3.3.1.1 がリリース (via Java News)
Posted in Bookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 14, 2007

[Bookmark] Today's bookmark

[Misc] NetCommons におけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性... NetCommons は前に試したのでメモ。XSS って本当に厄介だな。
[Library] WebTest vs. Selenium: 本物のテストとシミュレートされたブラウザテスト... WebTest 試してみないとな・・・。
Posted in Bookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

[Apple] Mac OS X(Tiger) で Apache を停止する方法

Mac OS X (Tiger) で Apache HTTP Server が起動していることを知った。 で、Apache HTTP Server の停止方法をメモ。

Apache HTTP Server の停止方法

システム環境設定 -> 共有 -> パーソナル Web 共有で停止できる。システム環境設定で試しに「apache」を検索してみたらシステムが教えてくれた。素晴らしい。
[Apache on Mac OS X] [Apache on Mac OS X]

Posted in Apple | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 13, 2007

[Misc] Android SDK にチャレンジ

Android SDK が公開されたので、少し遊んでみた。 とりあえず SDK を入れて、Eclipse でプロジェクトの作成→パッケージ作成→エミュレータ上で動作確認。 特に困ることもなく簡単に遊ぶことができた。

Android - An Open Handset Alliance Project
http://code.google.com/android/index.html
Download the Android SDK
http://code.google.com/android/download.html
Android Developers Blog
http://android-developers.blogspot.com/

Android SDK のインストール

ここからアーカイブをダウンロードして解凍するだけ。android_sdk_darwin_m3-rc20a.zip を使用した。

Android Eclipse plugin のインストール

Eclipse の Software Update 機能で簡単にインストールできる。 アップデートサイトは https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ 。
[Installing Android Eclipse plugin] [Installing Android Eclipse plugin] [Installing Android Eclipse plugin] [Installing Android Eclipse plugin]

Android Eclipse plugin の設定

Android Eclipse plugin を使用するには Android SDK のパスを設定する必要がある。 Window -> Preferences -> Android を表示し、Android SDK のパスを指定する。
[Setting Android Eclipse plugin]

Android Project を作成する

Project の作成画面を開くと、Android Project が作成できるようになっている。 Android Project を作成し、適当にソースコードをいじって、実行。 実行すると Android emulator が起動して作成したコードが動作する。
[Android Project] [Android Project] [Android Project]
[Android emulator] [Android emulator]

Posted in Misc | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 12, 2007

[Bookmark] Today's bookmark

[Misc] Google デベロッパー ホーム... おぉ!日本にも開発者用コミュニティが。
Posted in Bookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

[Trac] Trac で画像のプレビューが表示されない

「Trac で画像のプレビューが表示されないのだけれど・・・」という相談を受けた。 で、調べた結果をメモ。

症状の内容

Trac Wiki の添付アップロード画面(ex. http://example.com/trac/attachment/wiki/WikiStart?action=new) や添付ファイル表示画面(ex. http://example.com/trac/attachment/wiki/WikiStart/photo.jpg) で、以下のエラーメッセージが表示され画像のプレビューが表示されない。

HTML preview not available, since the file size exceeds 262144 bytes. You may download the file instead.

回避方法

trac.ini の mimeviewer セクションに max_preview_size という設定項目があるので、それを変更。 デフォルトでは 262144 になっているので、適当な値 (1Mbyte の場合は 1048576) にするだけ。

[mimeviewer]
enscript_modes = text/x-dylan:dylan:4
enscript_path = enscript
max_preview_size = 262144
mime_map = text/x-dylan:dylan,text/x-idl:ice,text/x-ada:ads:adb

補足

trac.ini の max_preview_size を変更する前にアップロードしてプレビューが表示されていない画像は、 max_preview_size を変更してもプレビューは表示されない模様。詳しく調べていないので断定はできないけれど。 その場合は再度添付作業をやり直す必要がある。

Posted in Trac | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 09, 2007

[Misc] quickSub にチャレンジ

quickSub とは

百聞不如一見。 → RSS

というもの。 便利かどうか分からないけれど、まぁ、動きがあって面白いということでここにも適用してみた。

quickSub
http://www.methodize.org/quicksub/

quickSub の使い方

とても簡単。ドキュメントに書いてある通りなので、 取り立てて書くこともないのだけれど、一応。

<html>
<head>
  <link rel="stylesheet" href="/blog/quicksub.css" type="text/css" />
  <script type="text/javascript" src="/blog/quicksub.js"></script>
</head>
<body>
  <a href="$url/index.rss" 
     onmouseout="return timeqs();" 
     onmouseover="return quicksub(this, 'http://www.in-vitro.jp/blog/index.cgi/index.rss');">
    <img src="/blog/rss.png" alt="RSS" style="border:none;"/>
  </a>
  <div id="quickSub" 
       style="position:absolute; visibility:hidden; z-index:1000;" 
       onMouseOut="return timeqs();" 
       onMouseMove="return delayqs();">
  </div>
</body>
</html>
こんな感じ。

Posted in Misc | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 08, 2007

[Misc] Interface elements for jQuery にチャレンジ

Interface elements for jQuery とは

jQuery は

jQuery is a fast, concise, JavaScript Library that simplifies how you traverse HTML documents, handle events, perform animations, and add Ajax interactions to your web pages. jQuery is designed to change the way that you write JavaScript.
というもの。で、Interface elements for jQuery は
Interface is a collection of rich interface components which utilizes the lightweight JavaScript library jQuery.
というもの。

今回は Interface elements for jQuery の中の ImageBox をここに適用してみた。
ImageBox というのはこういうもの(画像をクリック) → [in-vitro.jp's logo]
Interface elements for jQuery
http://interface.eyecon.ro/
jQuery
http://jquery.com/

ImageBox の使い方

とても簡単。jquery.js, interface.js をダウンロードしてきて、後は HTML を少しいじるだけ。 <a> タグの title 属性が ImageBox の左下に表示される画像のタイトルとして使用される。 rel 属性は画像のグルーピングに使用される。例えば、rel="imagebox-travel" を指定した画像を 3 枚用意すると、タイトルの下に「Showing image 3 from 1」 と表示される。 またグルーピングを使用するとスライドショーも可能となる(様だ)。

<html>
<head>
  <script type="text/javascript" src="/blog/jquery.js"></script>
  <script type="text/javascript" src="/blog/interface.js"></script>
  <link rel="stylesheet" href="/blog/interface.css" type="text/css" />
</head>
<body>
  <a href="/images/sample.png" title="Sample Image" rel="imagebox">
    <img src="/images/sample-thumbnail.png" alt="Sample Image"/>
  </a>
  <script type="text/javascript">
<!--
$(document).ready(
  function() {
    $.ImageBox.init(
      { loaderSRC: '/blog/loading.gif',
        closeHTML: '<img src="/blog/close.jpg" />' }
    );
  }
);
//-->
  </script>
</body>
</html>
HTML はこんな↑感じ。interface.css はこんな↓感じ。
#ImageBoxOverlay {
  background-color: #000000;
}
#ImageBoxCaption {
  background-color: #FFFFFF;
}
#ImageBoxContainer {
  width: 250px;
  height: 250px;
  background-color: #FFFFFF;
}
#ImageBoxCaptionText {
  font-weight: bold;
  padding-bottom: 5px;
}
#ImageBoxCaptionImages {
  margin: 0;
}

Posted in Misc | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 07, 2007

[Bookmark] Today's bookmark

[Apple] Macユーザーを狙うウイルスの亜種が続出... アンチウィルスソフト入れよっと。遅いか・・・。
Posted in Bookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

[Apple] ClamXav メモ

ClamXav は Mac OS X で動作するフリーのアンチウィルスソフト。 2007/11/07 時点で Leopard で動作するバイナリは公開されていない模様。

ClamXav is a free virus checker for Mac OS X. It uses the tried, tested and very popular ClamAV open source antivirus engine as a back end.
ClamXav
http://www.clamxav.com/

ClamXav のインストール

ClamXav は ClamAV というアンチウィルスソフトをベースにしているので、ClamAV を同時にインストールする。 現在の ClamXav のインストーラは ClamAV もしてくれる様だが、何故か手元の環境ではうまく動かなかった。 権限関連の問題だと思うが、原因を調べるのが面倒だったので ClamAV は MacPorts を使ってインストールした。

というわけで、ClamXav のインストール手順は

  1. MacPorts で ClamAV をインストール
  2. ClamXav をインストール
  3. ClamXav を設定
という感じ。

ClamAV のインストール

$ sudo port -d sync
Password:
DEBUG: Synchronizing ports tree(s)
Synchronizing from rsync://rsync.macports.org/release/ports/
  :
sent 107556 bytes  received 2316556 bytes  68284.85 bytes/sec
total size is 15752431  speedup is 6.50
$ sudo port -d selfupdate
DEBUG: Rebuilding the MacPorts base system if needed.
DEBUG: Synchronizing ports tree(s)
  :
The MacPorts installation is not outdated and so was not updated
DEBUG: Setting ownership to root
selfupdate done!
$ sudo port install clamav
--->  Fetching gmp
--->  Attempting to fetch gmp-4.2.1.tar.bz2 from http://ftp.gnu.org/gnu/gmp
  :
--->  Installing clamav 0.91.2_0

You need to add a new clamav user and clamav group to your system if you want to use clamav in superuser mode.

--->  Activating clamav 0.91.2_0
--->  Cleaning clamav
$ 
インストールが完了したら、ClamXav から呼び出せるように権限を変更しておく。
$ sudo touch /opt/local/share/clamav/freshclam.log
$ sudo chmod 664 /opt/local/share/clamav/freshclam.log
$ sudo chown -R clamav:clamav /opt/local/share/clamav/
$ sudo chmod u+s /opt/local/bin/freshclam 

ClamXav のインストール

ClamXav の公式サイトから dmg をダウンロードする。dmg をマウント後、以下の通りファイルを移動する。 ここでは ClamXav_1.0.8_Tiger_e912.dmg を使用した。

  • ClamXav.app → /Applications
  • ScanWithClamXav.plugin → /Library/Contextual Menu Items

ClamXav の設定

ClamXav の設定は素晴らしい解説を発見したので参考にさせていただいた。 .Mac Tips さんに多謝!!

ClamAV と ClamXav: 第一回 ClamXav の環境設定
http://homepage.mac.com/yuji_okamura/iblog/DotMac/Tips/C1181169702/E20060429010224/index.html
ClamAV と ClamXav: 第二回 ClamAV による定期スキャンと更新
http://homepage.mac.com/yuji_okamura/iblog/DotMac/Tips/C1181169702/E20060502200534/index.html
ClamAV と ClamXav: 第三回 ウィルス定義ファイルの自動更新
http://homepage.mac.com/yuji_okamura/iblog/DotMac/Tips/C1181169702/E20060508141731/index.html
ClamAV と ClamXav: 第四回 ClamXav 1.0.3 の新設定
http://homepage.mac.com/yuji_okamura/iblog/DotMac/Tips/C1181169702/E20060512153400/index.html
ClamAV と ClamXav: 第五回 ClamAV のパーミッションを補強する
http://homepage.mac.com/yuji_okamura/iblog/DotMac/Tips/C1181169702/E20060517015523/index.html
ClamAV と ClamXav: 第六回 他の対策ソフトの共同作業
http://homepage.mac.com/yuji_okamura/iblog/DotMac/Tips/C1181169702/E20061123181450/index.html
ClamAV と ClamXav: 第七回 ClamAV 0.90 の設定ファイルの変更点まとめ
http://homepage.mac.com/yuji_okamura/iblog/DotMac/Tips/C1181169702/E20070214182533/index.html
ClamAV と ClamXav: 第八回 clamav-update プロジェクト
http://homepage.mac.com/yuji_okamura/iblog/DotMac/Tips/C1181169702/E20070729134015/index.html

ClamXav の実行

[ClamXav]
ClamXav を起動して、定義ファイルの更新をした。

[ClamXav]

とりあえず小さいディレクトリを検索してみた。

Posted in Apple | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 06, 2007

[Bookmark] Today's bookmark

[Apple] FreeBSD's 1.6 JDK on Mac OS X... Apple が早く JavaSE 6.0 を出してくれないかな・・・。
Posted in Bookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

[Apple] Prism メモ

[prism] [prism gmail]

Prism は Web アプリケーションの実行に特化した Thin Client。 シンプルな Web ブラウザといったところか。 とりあえず頻繁に利用する Gmail を Prism から利用するようにしてみた。 アイコンは Google Notifier のものを流用させていただいた。

Prism is a simple XULRunner based browser that hosts web applications without the normal web browser user interface.
mozilla wiki - Prism
http://wiki.mozilla.org/Prism
mozilla wiki - Prism Installs
http://wiki.mozilla.org/Prism#Installs

Posted in Apple | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 05, 2007

[Apple] Transmission メモ

[transmission]


Transmission は Mac OS X にも対応した BitTorrent クライアント。

Transmission is a fast, easy, and free multi-platform BitTorrent client with a focus on being lightweight yet feature-filled.
Transmission
http://transmission.m0k.org/

Posted in Apple | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

[Bookmark] Today's bookmark

[Misc] SEO 診断ツール Dipper β... 手軽で面白い。
[Misc] gOS... Parallels 上にはインストールできなかった。無念。
[Misc] RSS のセキュリティ... いつもコメントや Trackback を RSS で配信するのは危険だと思うのだが。
Posted in Bookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 04, 2007

[Misc] Wapiti にチャレンジ

Wapiti とは

Wapiti は Web アプリケーションの脆弱性チェックを行うスキャナ。

Wapiti can detect the following vulnerabilities :

  • File Handling Errors (Local and remote include/require, fopen, readfile...)
  • Database Injection (PHP/JSP/ASP SQL Injections and XPath Injections)
  • XSS (Cross Site Scripting) Injection
  • LDAP Injection
  • Command Execution detection (eval(), system(), passtru()...)
  • CRLF Injection (HTTP Response Splitting, session fixation...)
この類のソフトウェアは有償のものが多いのだけれど、Wapiti は珍しくオープンソースでフリー。 というわけで、インストールして実際に自作のサンプルアプリをチェックしてみた。
Wapiti - Web application vulnerability scanner / security auditor
http://wapiti.sourceforge.net/

Wapiti のインストール

Wapiti は Python で実装されているので、python の実行環境があればすぐに使用できる。 ここでは Mac OS X (Tiger) に MacPorts を使用して Python とその他必要となるライブラリをインストールした。

$ sudo port install python25
Password:
--->  Fetching python25
--->  Attempting to fetch Python-2.5.1.tar.bz2 from http://www.python.org//ftp/python/2.5.1/
--->  Verifying checksum(s) for python25
--->  Extracting python25
--->  Applying patches to python25
--->  Configuring python25
--->  Building python25 with target all
--->  Staging python25 into destroot
--->  Installing python25 2.5.1_2+darwin_8
--->  Activating python25 2.5.1_2+darwin_8
--->  Cleaning python25
$ /opt/local/bin/python2.5 -V
Python 2.5.1
$ sudo port install py25-hashlib
--->  Fetching py25-hashlib
--->  Verifying checksum(s) for py25-hashlib
--->  Extracting py25-hashlib
--->  Configuring py25-hashlib
--->  Building py25-hashlib with target build
--->  Staging py25-hashlib into destroot
--->  Installing py25-hashlib 2.5.1_0
--->  Activating py25-hashlib 2.5.1_0
--->  Cleaning py25-hashlib
$ sudo port install py25-socket-ssl
--->  Fetching py25-socket-ssl
--->  Verifying checksum(s) for py25-socket-ssl
--->  Extracting py25-socket-ssl
--->  Configuring py25-socket-ssl
--->  Building py25-socket-ssl with target build
--->  Staging py25-socket-ssl into destroot
--->  Installing py25-socket-ssl 2.5.1_0
--->  Activating py25-socket-ssl 2.5.1_0
--->  Cleaning py25-socket-ssl
$

Wapiti によるサンプルアプリケーションのスキャン

サンプルアプリケーションのセッション取得

スキャンを行う前に、まずはサンプルアプリケーションにログインする。 Wapiti にログイン用の URL, アカウント情報を指定してサンプルアプリケーションにログインさせ、セッション維持用の Cookie をファイルに保存しておく。

$ /opt/local/bin/python2.5 getcookie.py cookies.txt http://127.0.0.1:8080/sample/login
lswww will be far less effective without tidy
please install libtidy ( http://tidy.sourceforge.net/ ),
ctypes ( http://starship.python.net/crew/theller/ctypes/ )
and uTidylib ( http://utidylib.berlios.de/ )
Please enter values for the folling form :
url = http://127.0.0.1:8080/sample/login
loginname (on) : scott
loginpassword (on) : tiger
0 : <Cookie JSESSIONID=6E4E47C3C907D6EF9C0771920220AC135 for 127.0.0.1/sample>
$

サンプルアプリケーションのスキャン

XSS を仕込んだサンプルアプリケーションをでっち上げてスキャンしてみた。 要は GET で取得した値をそのままレスポンスの HTML に埋め込んだだけ。

$ /opt/local/bin/python2.5 wapiti.py http://127.0.0.1:8080/sample/ -c cookies.txt -x 
http://127.0.0.1:8080/sample/logout
lswww will be far less effective without tidy
please install libtidy ( http://tidy.sourceforge.net/ ),
ctypes ( http://starship.python.net/crew/theller/ctypes/ )
and uTidylib ( http://utidylib.berlios.de/ )
Wapiti-1.1.6 (wapiti.sourceforge.net)
........................................................
Attacking urls (GET)...
-----------------------
XSS (danger_value) in http://127.0.0.1:8080/sample/index
        Evil url: http://127.0.0.1:8080/sample/index?danger_value=<script>var
+wapiti_687474703a2f2f3132372e302e302e313a383038302f4242617369632f636f6d6d756e69747
92f4242534c697374_735f305f305f305f305f736f72745470=new+Boolean();</script>
  :
Wapiti は XSS をきちんと検出してくれた。 Wapiti でオールグリーンだからといって安心は出来ないけれど、最小限のセキュリティチェックを自動化できるメリットは大きそう。

ちなみに・・・

必要なライブラリがインストールされていないと Wapiti のスクリプトを実行したときに下記の様なエラーが出る。

ImportError: No module named cookielib
ImportError: No module named _md5
AttributeError: 'module' object has no attribute 'HTTPSHandler'

Posted in Misc | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 02, 2007

[Bookmark] Today's bookmark

[Apple] Apple Updates MacBooks to Santa Rosa, GMA X3100; 2.6GHz MacBook Pro... 「そろそろ」と噂されていたノートのモデルチェンジはこれのこと??
[Misc] 大規模日本語 n-gram データの公開... Google の N-gram データ!!! 欲しい!!!
Posted in Bookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |

Nov 01, 2007

[Misc] OpenPNE にチャレンジ

OpenPNE とは

OpenPNE はオープンソースの SNS エンジン。 面白そうなのでインストールして動かしてみた。

OpenPNE
http://openpne.jp/

OpenPNE のインストール

OpenPNE を Debian Etch 環境にインストールしてみた。 PHP, MySQL のバージョンは以下の通り。

# php --version
PHP 5.2.0-8+etch7 (cli) (built: Jul  2 2007 21:46:15) 
Copyright (c) 1997-2006 The PHP Group
Zend Engine v2.2.0, Copyright (c) 1998-2006 Zend Technologies
# mysql --version
mysql  Ver 14.12 Distrib 5.0.32, for pc-linux-gnu (i486) using readline 5.2

OpenPNE のダウンロードと解凍、設置

OpenPNE をダウンロードして適当な場所に設置する。 OPENPNE_HOME/public_html だけ Apache HTTP Server が直接アクセスする必要があるため /var/www に設置する。 それ以外のファイルは /opt に設置した。

# wget http://internap.dl.sourceforge.net/sourceforge/openpne/OpenPNE-2.10.0.tar.gz
--19:57:52--  http://internap.dl.sourceforge.net/sourceforge/openpne/OpenPNE-2.10.0.tar.gz
           => `OpenPNE-2.10.0.tar.gz'

  :

19:58:20 (187.97 KB/s) - `OpenPNE-2.10.0.tar.gz' saved [5194807/5194807]

# tar zxvf ./OpenPNE-2.10.0.tar.gz 
OpenPNE-2.10.0/
OpenPNE-2.10.0/bin/
OpenPNE-2.10.0/bin/tool_send_dairy_news.cron

  :

OpenPNE-2.10.0/webapp/templates/mail/m_pc_friend_intro.tpl
OpenPNE-2.10.0/webapp/templates/debug.tpl
OpenPNE-2.10.0/webapp/templates/error.tpl
# mv ./OpenPNE-2.10.0 /opt/
# ln -s /opt/OpenPNE-2.10.0 /opt/OpenPNE
# mv /opt/OpenPNE/public_html /var/www/openpne
# chown www-data:www-data -R /var/www/openpne/

OpenPNE の設定

OpenPNE の設定を行う。 設定が必要なのは

  • /var/www/openpne/config.inc.php
  • /opt/OpenPNE/config/php
の 2 つのファイル。 環境に合わせて適当に編集を行う。
# cp /var/www/openpne/config.inc.php /var/www/openpne/config.inc.php.original
# vi /var/www/openpne/config.inc.php
# diff /var/www/openpne/config.inc.php.original /var/www/openpne/config.inc.php
7c7
< define('OPENPNE_DIR', realpath('../'));
---
> define('OPENPNE_DIR', realpath('/opt/OpenPNE'));
# chown www-data:www-data -R /opt/OpenPNE/var/
# cp /opt/OpenPNE/config.php.sample /opt/OpenPNE/config.php
# vi /opt/OpenPNE/config.php

# diff /opt/OpenPNE/config.php.sample /opt/OpenPNE/config.php
7c7
< define('OPENPNE_URL', 'http://sns.example.com/');
---
> define('OPENPNE_URL', 'http://192.168.11.12/openpne/');
13,14c13,14
<     'username' => '',
<     'password' => '',
---
>     'username' => 'openpne',
>     'password' => 'openpne',
16c16
<     'database' => '',
---
>     'database' => 'openpne',
22c22
< define('ENCRYPT_KEY', '');
---
> define('ENCRYPT_KEY', 'password');
26c26
< define('MAIL_SERVER_DOMAIN', 'mail.example.com');
---
> define('MAIL_SERVER_DOMAIN', 'mail.example.co.jp');
# chown www-data:www-data /opt/OpenPNE/config.php

DB の作成

MySQL に DB, ユーザ、テーブルを作成し、初期データを流し込む。

# mysql
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 337
Server version: 5.0.32-Debian_7etch1-log Debian etch distribution

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> CREATE DATABASE `openpne` DEFAULT CHARACTER SET utf8;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> grant all on openpne.* to openpne identified by 'openpne';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> exit
Bye
# mysql -u openpne -p --default-character-set=utf8 openpne < /opt/OpenPNE/setup/sql/mysql41/install/install-2.10-create_tables.sql 
Enter password: 
# mysql -u openpne -p --default-character-set=utf8 openpne < /opt/OpenPNE/setup/sql/mysql41/install/install-2.10-insert_data.sql   
Enter password: 
#

OpenPNE セットアップ画面表示

Web ブラウザから http://example.com/openpne/?m=setup にアクセスして初回設定を行う。

OpenPNE の利用

トップ画面
http://example.com/openpne/
[openpne] [openpne]
管理コンソール
http://example.com/openpne/?m=admin
[admin console] [admin console]

Posted in Misc | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |