Oct 03, 2008

[Apple] Darwine メモ

Darwine は Wine を Mac OS X 用に port したもの。 いい加減秀丸エディタを使うためだけに Parallels & Windows XP を起動するのに疲れたので、Darwine で秀丸エディタが使えないか試してみた。

Darwine
http://darwine.sourceforge.net/
Darwine Builds for OS X
http://www.kronenberg.org/darwine/

Darwine のインストール

Sourceforge の Darwine より Darwine Builds for OS X の方がバージョンが新しいので、そちらを使ってみる。 今回使用したのは Darwine-x86-1.1.5.dmg。 インストール自体は非常に簡単。 dmg をマウントして Darwine と TRIX.app を /Applications にドラッグするだけ。
[Darwine 01]

フォントのインストール

Darwine で使用するフォントをインストールする。 TRIX を使うとフォントを簡単にインストールすることができる。
[TRIX]

フォントを手動でインストールする場合は /Applications/Darwine/Wine.bundle/Contents/share/wine/fonts/ にフォントをコピーすれば良い。

秀丸エディタの実行

/Applications/Darwine/WineHelper.app に hidemaru.exe をドロップすると秀丸エディタが起動する。
[秀丸エディタが起動した]

起動したのは良いのだけれど、日本語入力が出来ない。 どうやら Darwine ではことえりや ATOK での入力が出来ない様だ。 ・・・Darwine の今後のバージョンアップに期待しつつ Parallels を使うしかないな。 秀丸エディタの Mac OS X 版が出ないかな。

Posted in Apple | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |