Aug 11, 2010

[Apple] MacOS X で秀丸エディタを使う方法

MacOS X の最大の弱点は良いテキストエディタが無い(見つからない?)ことだと思っている。 以前 Darwine メモ で Wine + 秀丸エディタを試した際は、起動は出来るが日本語表示と日本語入力が出来ないという状態であきらめた。 今回、MikuInstaller という Wine お手軽導入キットがあることを知ったので再度 MacOS X + 秀丸エディタにチャレンジしてみた。

MikuInstaller とは

MikuInstaller 公式サイト によると、

MikuInstaller は、 Wine を Intel 搭載 Macintosh に手軽に導入するためのキットです。
とのこと。

MikuInstaller のインストール

dmg をダウンロード、マウントして、MikuInstaller.app を /Applications にコピーするだけ。 今回は "MikuInstaller-20080803.dmg" を使用した。 ちなみに、MacOS X は SnowLeopard (10.6.4) を使用している。

秀丸エディタのインストール

秀丸エディタのページからインストーラパッケージをダウンロード(今回は "hm801a_signed.exe" を使用した)し、 ダウンロードした exe を /Applications/MikuInstaller.app にドロップ。
しばらくすると秀丸エディタインストーラのダイアログが開く。
[インストーラが開始された]

次の様な警告ダイアログが表示されるかもしれないが、そのまま続行して良い。
[警告ダイアログ]

後は普通にインストールを行う。インストールが完了したら /Users/me/Applications/MikuInstaller 内に "秀丸.app" が作成されている。
[秀丸.app が作成されている]

秀丸エディタの起動

/Users/me/Applications/MikuInstaller/秀丸.app を起動するだけ。
[秀丸が起動!!]

今回は日本語表示、日本語入力共に可能だった。 MacOS X 側のストレージにあるファイル読込・書出も可能。

素晴らしい!!!

Posted in Apple | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |