Jun 27, 2011

[Apple] gdata-objectivec-client にチャレンジ

gdata-objectivec-client は Objective-c で Google Data API を利用するためのライブラリ。

gdata-objectivec-client
http://code.google.com/p/gdata-objectivec-client/

とりあえず、 XCode4 のプロジェクトに組み込む手順をメモ。

  1. 最新のコードをチェックアウト。trunk が気になる場合は tag を利用する。
    $ svn checkout http://gdata-objectivec-client.googlecode.com/svn/trunk/ gdata-objectivec-client
    
  2. GData.xcodeproj を iPhone プロジェクトにドラッグ。
  3. iPhone プロジェクトの Targets "MyProject" の "Target Dependencies" に GDataTouchStaticLib 追加。
  4. iPhone プロジェクトの Targets "MyProject" の "Link Binary With Libraries" に libxml2.dylib と libGDataTouchStaticLib.a を追加。
  5. iPhone プロジェクトの Targets "MyProject" の "header search path" に "$(SDKROOT)/usr/include/libxml2" をセット。
  6. iPhone プロジェクトの Targets "MyProject" の "Other C Flags" に "-ObjC -lxml2 -all_load" をセット(Debug、Release 共)。
  7. iPhone プロジェクトのビルドディレクトリ( /Users/me/Library/Developer/Xcode/DerivedData/FamilyLibrary-dgrrozxgfpnutzbxyrxpvrsuvtpr/ とか) の ./Build/Products/Debug-iphonesimulator/Headers を iPhone プロジェクトにコピー。
この設定で iOS Simulator での動作は確認できた。実機は未確認。

Posted in Apple | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |