Oct 25, 2005

[JSR] JSR 168 Portlet Specification について調査

関連サイト

JSR 168: Portlet Specification
http://www.jcp.org/en/jsr/detail?id=168
JSR 162: Portlet API
http://www.jcp.org/en/jsr/detail?id=162
JSR 167: Java Portlet Specification
http://www.jcp.org/en/jsr/detail?id=167
Apache Portals Project
http://portals.apache.org/
Apache Pluto
http://portals.apache.org/pluto/
Jetspeed 1
http://portals.apache.org/jetspeed-1/
Jetspeed 2
http://portals.apache.org/jetspeed-2/
JBoss Portal
http://www.jboss.com/products/jbossportal
※JSR 162 と JSR 167 が一つに統合されて JSR 168 となった(なので、JSR 162、JSR 167 は取り下げられた)。

Apache Pluto 1.0.1 インストールメモ

  1. Pluto をここからダウンロードする。面倒がないように Tomcat 入りのフルセットを落とす。
  2. Pluto をインストールする。適当な場所にアーカイブを解凍
  3. <PLUTO のインストール先>\bin\setenv.bat を作成。
    • 環境変数 JAVA_HOME を設定。ここで指定する JAVA_HOME は JDK5.0 のパス
    • 環境変数 PLUTO_HOME を設定。(ex. set PLUTO_HOME=c:\opt\pluto)
    • 環境変数 CATALINA_HOME を設定。PLUTO_HOME と同じパスが CATALINA_HOME になる。(ex. set CATALINA_HOME=%PLUTO_HOME%)
  4. Pluto を起動する。%PLUTO_HOME%\bin\startup.bat を実行
  5. Pluto の起動確認をする。http://localhost:8080/ にアクセス
  6. Pluto Test Driver を実行する。http://localhost:8080/pluto/portal にアクセス

[PLUTO の TOP 画面] [テストドライバの TOP 画面] [テストドライバ画面(1)] [テストドライバ画面(2)] [テストドライバ画面(3)] [PLUTO の管理画面]

Posted in JSR | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |