Aug 02, 2005

[Misc] 開発環境を整理してみる

[開発環境]

開発環境は意外とプロジェクト毎にマチマチになってしまっている感じがするので、一度 TO-BE 像を整理をしてみた。 適当に整理しただけなので、造語が混ざっていたりするがご愛嬌ということで。 これを基に一度環境の見直しをして、その結果をフィードバックしていきたい。 大手だと標準化されているのだろうな。

★Shared Environment
プロジェクトで共有される環境。

☆SCM(Source Code Management)
ソースコード管理システム。 プロジェクト成果物のバージョン管理を行う。 CVS, Subversion, VSSなど。
☆Executable Code Management
実行可能コード管理システム。 開発対象システムが依存する外部ライブラリの管理を行う。 Maven のリモートリポジトリなど。
☆Build Management
ビルド管理ツール。 Maven2, Maven, Ant, make, shell scriptなど。
☆Source Health Management
定期的にプロジェクト成果物のヘルスチェックを行う。
CI(Continuous Integration)
継続的インテグレーションシステム。 定期的に開発対象システムのインテグレーションを実行する。 CruiseControl, DamageControl, Continuumなど。
Integration Tester
結合テストツール。 実行可能な状態にされた開発対象システムに対して自動的に結合テストを行う。 e-Testなど。
☆Information Sharing
プロジェクトメンバー同士の情報共有機能を提供する。
Issue Tracker
バグやその他重要な事項を管理する。 Bugzilla影舞など。
Feature Tracker
システム要件を管理する。
Document Management System
ドキュメント管理システム。 各種CMS、Wikiなど。
★Workspace Environment
開発者毎に用意される環境。

☆IDE(Integrated Development Environment)
統合開発環境。 Eclipse, NetBeans, JBuilder, JDeveloper など。
☆Build Management
ビルド管理ツール。 Maven2, Maven, Ant, make, shell scriptなど。
★Staging Environment
ステージング環境。

Posted in Misc | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |