Feb 26, 2006

[Misc] WST の JavaScript エディタで日本語を表示する方法

WST の JavaScript エディタは、ファイルの文字エンコーディングが"US-ASCII"に指定されている。 そのため Windows-31J 等で記述された js ファイルを読み込むと 2 バイト文字は表示されない。 簡単な方法で 2 バイト文字を表示できたので、その方法をメモ。 方法は 2 通りあるので、好きな方を選択すれば良い。

ファイル単位で文字エンコーディング指定

*.js ファイルのプロパティ画面(*.js ファイルを選択して Alt+Enter) にある "Text file encoding" に文字エンコーディングを指定する。 コンボボックスには"Shift_JIS"、"Windows-31J"、"MS932"といった文字エンコーディングは存在しないが、メゲずに直接入力する。 ここでは "MS932" を指定している。
[プロパティ画面]
プロパティ画面で"MS932"を指定する

*.js ファイルのデフォルト文字エンコーディングを指定

"Window" → "Preferences" メニューから "General" → "ContentTypes" を選択。 "Content types" ツリーから "Text" → "JavaScript" を選択。 下の "Default encoding" が "US-ASCII" になっているので、"MS932"に書き換えて "Update" ボタンを押下。

[Preferences]
Preferences でデフォルトの文字エンコーディングを指定する
[プロパティ画面]
デフォルトの文字エンコーディングが "MS932" になっていることを確認する

Posted in Misc | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |