Apr 08, 2006

[Misc] Manager というクラスの命名

Radium Software DevelopmentさんのSomethingManagerというエントリを読んで。

クラス名に "Manager" という接尾語を用いていることは,そのクラスの設計に不備があることを暗に告げていると考えることができる。このような,クラス名から伝わってくる「兆候」 ― いわゆる "code smell" [Wikipedia] は,他にも幾つか見つけることができる。例えば "Object", "Handler", "Data" などがこれに含まれる [C2Wiki] 。これらの接尾語をクラス名に見つけたならば,そのクラスの設計を見直すことを考えた方が良いかもしれない。

確かに言われてみると、"Manager" という命名は責務が曖昧になりがちだ。 ただ、"Manager" という命名のクラスが即クラス設計のミスだとは思えない。 逆に "Manager" クラスの責務を規定しても良いのではないだろうか??

Code smell

Manager という命名など、コードのきな臭さのことを Code smell というらしい。 Code smell によると

code smell is a jargon term used among programmers to refer to a symptom that indicates something may be wrong.
ということらしい。

Posted in Misc | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |