Oct 22, 2007

[Misc] 各社携帯の XHTML 対応状況メモ

NTT Docomo, AU, Softbank mobile の XHTML 対応状況を調べたのでメモ。

NTT Docomo

「端末スペック一覧」ページに XHTML の対応状況が記載されている。

XHTML Basic 1.1
http://www.w3.org/TR/xhtml-basic/
作ろう i モードコンテンツ
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/
端末スペック一覧
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/spec/index.html
iモード対応XHTMLの考え方
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/xhtml/outline/s1.html

AU

「XHTML 対応機種」ページによると

「XHTML」で表記されたコンテンツを、作成者の意図どおりのデザインで閲覧するには、WAP2.0ブラウザ搭載端末で表示する必要があります。HDMLブラウザ搭載端末では、HDML標準対応となり、「XHTML」コンテンツに関しては、EZサーバによるコンテンツ変換機能を使用し「XHTML → HDML」の変換を行って表示することになります。
ということだそうだ。WAP2.0ブラウザ搭載状況は「機種別情報一覧」ページに記載されている。
技術情報
http://www.au.kddi.com/ezfactory/tec/index.html
XHTML 対応機種
http://www.au.kddi.com/ezfactory/howtoxhtml/02.html
機種別情報一覧
http://www.au.kddi.com/ezfactory/tec/spec/new_win/ezkishu.html

Softbank mobile

「ウェブ技術資料 - 概要編」によると

1.2 サービス世代
以降、回線交換のみに対応する端末を C 型端末と呼称し、パケット交換サービス(PDC-P)にも対応する端末を P 型端末と呼称し、3G サービスに対応する端末を W 型端末、WAP/MMS サービスに対応する端末を 3GC 型端末と呼称する。

1.3.1. ウェブ
・コンテンツは HTML(Hyper Text Markup Language) もしくは MML(Mobile Markup Language), XHTML で記述する。ただし、MML は C 型および P 型端末でのみ利用可能であり、 XHTML は W 型、3GC 型端末でのみ利用可能である。
だそうだ。3G サービス対応端末、WAP/MMS サービス対応端末で表示可能ということのようだ。 ・・・残念なことに、3G サービス対応端末、WAP/MMS サービス対応端末の情報は見当たらなかった。
Softbank Developers Support Site
http://developers.softbankmobile.co.jp/dp/
ウェブ技術資料 - 概要編
http://www2.developers.softbankmobile.co.jp/dp/tool_dl/download.php?docid=110&companyid=
ウェブ技術資料 - XHTML 編
http://www2.developers.softbankmobile.co.jp/dp/tool_dl/download.php?docid=135&companyid=
端末情報
http://developers.softbankmobile.co.jp/dp/tech_svc/info/

Posted in Misc | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |