Aug 27, 2010

[Misc] システムの色覚異常への対応について

色覚異常対応について調べたのでメモ。

色覚異常

色覚異常には先天色覚異常と後天色覚異常がある。

先天色覚異常

先天赤緑色覚異常は先天色覚異常の中で最も多く存在し、赤系統や緑系統の色の弁別に困難が生じる人が多いといわれる。 日本人では男性の4.50%、女性の0.165%が先天赤緑色覚異常で、日本全体では約290万人が存在する。 白人男性では約8%が先天赤緑色覚異常であるとされる。
(Wikipedia - 色覚異常)
2型色覚(2型2色覚と2型3色覚)の人が間違えやすい組み合わせは、赤と緑、オレンジと黄緑(きみどり)、緑と茶、青と紫、ピンクと(しろ)・灰色、緑と灰色・黒です。 1型色覚(1型2色覚と1型3色覚)の場合これに、赤と黒、ピンクと青が加わります。
(目と健康シリーズ - 色覚の異常)

後天色覚異常

後天色盲は遺伝的背景に関わらず、誰にでも発症する可能性があるものが多いのが特徴と言える。 その原因は、角膜、水晶体、硝子体といった中間透光体の着色によるもの、網膜病変によるもの、緑内障によるもの、視神経病変によるもの、大脳性病変によるもの、心因性要因によるものなど様々であるが、何よりもすべての人に関係する問題として、加齢に伴う色覚の変化がある。

後天色盲でもっとも多い、後天青黄色盲の色感覚をまとめると次のようになる。
  • 青の範囲が広く、健康な眼の 青紫〜青〜青緑〜緑〜黄緑 までを青として知覚し、緑の感覚を失う。
  • 黄色は彩度が低下して白っぽく見える。
  • 低明度、低彩度の色は、ほとんど青または無彩色に見える。
  • 「黄色」→「白」、「緑」→「青または黒」、「茶」→「紫または黒」、「紫」→「青、茶、黒」、「青」→「黒」などの色誤認をする。

(色覚の多様性と視覚バリアフリーなプレゼンテーション - 色覚が変化すると、どのように色が見えるのか?)

Web サイトにおける色覚異常対応のガイドライン

w3c が策定している Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0 に色覚異常対応に関する記載がある。ここでは Level A/AA/AAA の 3 レベルが定義されており、想定するユーザが必要とするレベルの対応を行う。

1.4.1 Use of Color: Color is not used as the only visual means of conveying information, indicating an action, prompting a response, or distinguishing a visual element. (Level A)
1.4.3 Contrast (Minimum): The visual presentation of text and images of text has a contrast ratio of at least 4.5:1, except for the following: (Level AA)
  • Large Text: Large-scale text and images of large-scale text have a contrast ratio of at least 3:1;
  • Incidental: Text or images of text that are part of an inactive user interface component, that are pure decoration, that are not visible to anyone, or that are part of a picture that contains significant other visual content, have no contrast requirement.
  • Logotypes: Text that is part of a logo or brand name has no minimum contrast requirement.
1.4.6 Contrast (Enhanced): The visual presentation of text and images of text has a contrast ratio of at least 7:1, except for the following: (Level AAA)
  • Large Text: Large-scale text and images of large-scale text have a contrast ratio of at least 4.5:1;
  • Incidental: Text or images of text that are part of an inactive user interface component, that are pure decoration, that are not visible to anyone, or that are part of a picture that contains significant other visual content, have no contrast requirement.
  • Logotypes: Text that is part of a logo or brand name has no minimum contrast requirement.

各レベルの詳細な情報は下記を参照。
Understanding Guideline 1.4
http://www.w3.org/TR/UNDERSTANDING-WCAG20/visual-audio-contrast.html
Understanding Success Criterion 1.4.1 [Use of Color]
http://www.w3.org/TR/UNDERSTANDING-WCAG20/visual-audio-contrast-without-color.html
Understanding Success Criterion 1.4.3 [Contrast (Minimum)]
http://www.w3.org/TR/UNDERSTANDING-WCAG20/visual-audio-contrast-contrast.html
Understanding Success Criterion 1.4.6 [Contrast (Enhanced)]
http://www.w3.org/TR/UNDERSTANDING-WCAG20/visual-audio-contrast7.html


WCAG 2.0 準拠の評価

WCAG 2.0 の各レベルではコントラスト比が規定されているので、システムがそのコントラスト比を満たすことを確認する。 コントラスト比の算出方法は以下を参照。

WCAG 2.0 - contrast ratio
http://www.w3.org/TR/UNDERSTANDING-WCAG20/visual-audio-contrast-contrast.html#contrast-ratiodef
WCAG 2.0 - relative luminance
http://www.w3.org/TR/2008/REC-WCAG20-20081211/#relativeluminancedef
The Web KANZAKI - 色の組み合わせをチェックしてみる
http://www.kanzaki.com/docs/html/color-check

色覚異常をシミュレートする

ImageJ と VischeckJ を使用することで色覚異常をシミュレートすることができる。

ImageJ
http://rsb.info.nih.gov/ij/
Vischeck
http://www.vischeck.com/


ImageJ と VischeckJ のインストール

  1. ImageJ をダウンロード、解凍する。解凍先を $IMAGEJ_HOME とする。
  2. VischeckJ をダウンロード、解凍する。解凍先を $VISCHECKJ_HOME とする。
  3. $VISCHECKJ_HOME/*.class を $IMAGEJ_HOME/plugins/VischeckJ/ にコピーする。


シミュレーションの実施

  1. シミュレートしたい画面をキャプチャし、画像として保存する。
  2. ImageJ を起動し、画像を開く。
  3. Plugins > VischeckJ > &Vischeck Panel を選択。
          [ImageJ]
  4. Deuteranope(緑色覚異常)、Protanope(赤色覚異常)、Tritanope(青黄色覚異常) ボタンをクリックする。
          [imagej]
[original]
オリジナル
[deuteranope]
緑色覚異常
[protanope]
赤色覚異常
[tritanope]
青黄色覚異常

Posted in Misc | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |