Jun 02, 2006

[Trac] Trac にチャレンジ(3)

マクロの追加

Trac built-in Wiki 用のマクロを追加してみた。 マクロは以下で公開されている。

MacroBazaar
http://projects.edgewall.com/trac/wiki/MacroBazaar
TracHacks - plugin
http://trac-hacks.org/wiki/plugin
今回追加したマクロは以下の通り。
Javadoc
http://projects.edgewall.com/trac/wiki/MacroBazaar#Javadoc
AddComment
http://trac-hacks.org/wiki/AddCommentMacro
TOC
http://trac-hacks.org/wiki/TocMacro
マクロは *.py をサイトからダウンロードしてきて、/tmp/trac/myprojects/wiki-macros (パスは環境毎に異なる)にコピーするだけで良い。 PukiWiki や Hiki などと同じ感覚で大丈夫。

Milestone を Google Calendar に表示する

Trac は Roadmap を iCalendar 用データファイルとしてエクスポートする機能を持っている。 このデータファイルには、Milestone やチケットの情報が含まれている。 都合の良いことに、Google Calendar は iCalendar のデータファイルをインポートする機能を持っている。 というわけで、Trac の Roadmap 情報を Google Calendar にインポートできるか試してみた。

Milestone の作成

まず Milestone を作成する。 先日試した様に trac-admin を使用する。 Milestone を作成する際には、必ず完了期日を指定する。 Google Calendar では完了期日の指定されていない Milestone は表示されない。

# trac-admin /tmp/trac/myprojects milestone add MyMilestone "Jun 18, 2006"
ちなみに、完了期日の設定されていない Milestone に完了期日を設定する場合は
# trac-admin /tmp/trac/myprojects milestone time MyMilestone "Jun 18, 2006"
という様に、"add" コマンドの代わりに "time" コマンドを使用する。

Roadmap のエクスポート

Roadmap ページに行くと、"Download in other formats: iCalendar" というリンクがある。 ここをクリックすると Roadmap の情報がエクスポートされる。

Google Calendar にインポート

Google Calendar の "settings" から "Import Calendar" タブを選択する。 先ほどエクスポートしたデータファイルを選択し、インポート先のカレンダーを指定。 "Import" ボタンを押下するとデータがインポートされる。

[データファイルのインポート] [インポート完了]
[インポートされた Milestone] [Milestone の詳細情報]

Posted in Trac | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |