May 17, 2007

[Trac] Mylar で Eclipse + Trac Ticket 連携にチャレンジ

Mylar とは

Eclipse Mylar Project によると、Mylar とは

Eclipse Mylar is a task-focused UI that reduces information overload and makes multi-tasking easy.
というものだそうだ。要するに、Eclipse 上で Eclipse UI に従ってタスク管理をすることができるというプラグインのこと。 面白いのは、Trac 用の Mylar Connector が用意されていて、Trac 側で XML-RPC プラグインを用意しておくと Mylar で Trac のチケットを管理できるようになるということ。 Trac はチケットの上手な活用が肝になるので、Eclipse と連携できると便利。 ということで、早速試してみた。
Eclipse Mylar
http://www.eclipse.org/mylar/
Trac XML-RPC プラグイン
http://trac-hacks.org/wiki/XmlRpcPlugin

Trac XML-RPC プラグインのインストール

これは、上記の Trac XML-RPC プラグインのページに従ってインストール作業をすれば OK。

Eclipse Mylar のインストール

Eclipse 3.3M7 で Mylar のインストールを試してみた。 Mylar は Callisto の後継となる Europa に含まれているので、インストールは非常に簡単。 Subversion にも Mylar 用プラグインがあったので、ついでにインストールしておいたが、 何の役に立っているのか良くわかっていない(^^; まぁ、大は小を兼ねるということで。

[Mylar インストール(1)]
Mylar は Europa でインストールできるので、Software Updates の機能を使用する。

[Mylar インストール(2)]
"Search for new features to install" を選択して次へ。

[Mylar インストール(3)]
今回は Mylar 関連のプラグインとして Europa に登録されている Mylar プラグインと Subclipseに含まれている Mylar プラグインをインストールするので、Europa と Subclipse にチェックして次へ。

[Mylar インストール(4)]
Mylar 関連のプラグインをチェックして次へ。図では全て選択してあるが、Connector は必要なものだけで良い。例えば、Trac にしか接続しないのであれば、Trac Connector だけ選択しておけば良い。

[Mylar インストール(5)]
後はお決まりのライセンス確認。次へ。

[Mylar インストール(6)]
インストールされるプラグインを確認。次へ。

[Mylar インストール(7)]
インストールの最終確認。次へ。

[Mylar インストール(8)]
Eclipse リブートの確認。次へ。

Eclipse Mylar の設定

Eclipse Mylar プラグインのインストールが終了して、Eclipse の再起動が終わったら Mylar の設定を行う。

[Mylar 設定(1)]
Eclipse のリブートが完了すると、Mylar の設定画面が表示される。特に変更すべき内容も無かったのでデフォルトの設定のまま次へ(変更したい方はどうぞ)。

[Mylar 設定(2)]
"Task List" View を右クリックして "New" を選択すると、"Query..." が表示されるのでこれを選択。

[Mylar 設定(3)]
デフォルトではタスクリポジトリに "Eclipse.org" しか登録されていないので、自分の Trac を登録する。"Add Task Repository" を選択。

[Mylar 設定(4)]
Server に Trac の URL を入力。Label は任意の文字列で良い。後は、認証が必要であれば認証情報を入力。Trac の場合、Access Type は XML-RPC にする。一通り入力が終わったら、"Validate Settings" を押して一度タスクリポジトリに接続してみる。エラーが出なければ設定完了。

[Mylar 設定(5)]
今追加したタスクリポジトリを選択して次へ。

[Mylar 設定(6)]
クエリの内容を入力する。今回は全てのチケットを表示する様にしておくため何も設定を行わずに次へ。

[Mylar 設定(7)]
"Task List" にチケットが表示されたら設定完了。後は、ここからチケットの起票や更新が可能となる。便利。

Posted in Trac | このエントリーをはてなブックマークに追加 | この記事をクリップ! livedoor クリップ |